【スポンサーリンク】

選挙の結果...結局なんだったの 「野党、連携へ再編論浮上…躍進の立憲民主軸に」(読売新聞)

headlines.yahoo.co.jp

 

民主党がコケてからここ数回の衆院選挙は、回を追うごとに訳が分からなくなってきますね。

おそらく民主党のあの迷走がよほど国民にとって負のインパクトが大きかったのか、もはや完全に思考停止状態になっているように思います。

 

今、まともに自民党と政策で張り合えているのは、賛否あろうかと思いますけど、維新だけだと思います。

 

自民党は明らかに大きな政府を推進していて、民主党も、最大公約数的には大きな政府です。維新は、国家機能をスリム化していこうという小さな政府を指向しています。

 

まあ、今維新にいるメンバーが資質的にどうなのか、というのはさておき。

 

結局、ほとんどの議員から、根本的なポリシーみたいなものが見えてこないわけです。せいぜい、後援会でいろいろ言われることを実現しようというレベルで、あとの政策はほとんど受け売りにしか聞こえないわけで。

 

政治というプロセスは大事だと思うのですが、もう今のような状況だと議論もへったくれもなくて、ちょっとしたさじ加減でどこから立候補できて、誰が当選できて、というレベルの話になってしまっているように思います。

 

そういう見方からすると、一番悲惨だったは豊田真由子さんだったのではないかなと。経緯はさておき、まさにこれ以上ない最悪のタイミングでの解散でしたからね。本当にお疲れ様でした。