coincheck社のハッキング被害→補償へ

仮想通貨取引所「コインチェック」(東京都渋谷区)から顧客資産の仮想通貨「NEM(ネム)」580億円分が不正アクセスで流出した問題で、同社は28日金融庁に経緯を説明した。その後取材に応じた大塚雄介取締役は、現預金などで顧客に返金できるとの認識を示した。

返金予定の463億円は「現預金で」 コインチェック (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュースより

headlines.yahoo.co.jp

総額460億円ものキャッシュを用意できるというのは素直にすごいと思いますが、じゃあ金曜日にあんな会見しない方がよかったんじゃ、、、なんかちぐはぐな印象を受けます。

とりあえず、他の通貨の出金を早く再開して欲しいです。出金依頼はしているのですが止まったままです。

この会社は対応や説明が一方的で、去年もこんなことがありました。

www.j-cast.com

見ていると社長にはいかんともしがたい内部の事情もあるのかなという気もします。

本件で金融庁に思いっきり目を付けられた以上は業登録にこぎつけるのも難しくなってしまいました。というか登録できるのか?という気もしますが。

システム的にも色々甘い、というか未熟な点も露呈しましたし。あれだけの顧客をさばけているとはいえ、かかっている負荷はオンラインゲームの方が断然上でしょう(逆に「あの程度でも金融っぽいことができて、しかも毎月数十億、数百億のお金が入ってくるサービスが構築できるんだ」っていうことを世に知らしめることができたので、より多くのマネーやプレーヤーが参入してくるきっかけになるかも知れませんが。)。

本件は色々と興味深い問題もありますが、とりあえず早くサービス再開して欲しいです。そして自分のお金を早く抜きたいです。