コインチェック社の被害額(約580億円)で何が買えたのか

www.sankeibiz.jp

業務改善命令に対する報告期限が今月13日ですので、おそらく同じタイミングでの出金再開という流れとなったのでしょう。もともと、円については仮想通貨のシステムとは関係ないですし、資産管理状況の報告が終わればすぐに対応可能ということなのでしょう。

しかし、計460億円のNEMの補償や、他の仮想通貨の入出金再開はまだ先ということです。

580億円っていうお金はやっぱりすごい

この問題について語るとき、当たり前のように400億、500億円という数字が出てくるのですが、冷静になって考えると(いや、冷静にならなくても)やっぱりもの凄い数字で。

いまいちこの額を自己資金で用意できることのすごさが伝わってないのかなと。

どうしたら580億円のすごさをわかりやすく伝えられるか。

 

ということで、具体的に580億円あったら何が買えるのか、色々と考えてみました。

1 ソフトバンクホークスの買収額=200億円(2004年)

number.bunshun.jp

●ソフトバンク
・球団を買う費用 約200億円(球団50億円、興行権150億円)
・スタジアム関連 福岡ドーム年間使用料48億円(30年間の使用契約)

http://number.bunshun.jp/articles/-/729675

球団を買うということになると、買収額以上の出費があったり、その後の固定費の支払いが発生したりということもありますが、少なくとも580億円もあれば、プロ野球チームの一つや二つは余裕で買えるということになります。しかもキャッシュで。やはり580億円ってすごい。。。

2 東京スカイツリーの総工費=650億円(2012年)

www.tokyo-skytree.jp

ウィキペディアによると、「建設費は約400億円。総事業費は約650億円」ということです。

3 インスタグラムの買収額=810億円(2012年)

www.nikkei.com

この額で買収するフェイスブックもすごいですが、その後のインスタグラムの伸びを考えるとむしろお買い得と言える案件だったのかなと思います。

ちなみに、最近よくCMを出しているIndeedの買収額が600~800億円ではないかと言われています。有望なネット起業の買収案件はだいたいそれくらいが相場ということは言えると思います。もちろん、これより小規模な案件もいくらでもあります。

自己資金でこれだけの額を用意できる、というのがすごい

2と3については買えてないやん、と突っ込まれそうですが、ゼネコンの工事も企業のM&Aも、通常は借入等で資金を調達して買収後のキャッシュフローで償還することが多いわけですから、自己資金で、すぐに用意できる、というのはそうそうないわけで。

こう考えると、返す返すもコインチェックはもったいなかったなと。あの流出がなければ来年くらいには有力企業をガンガン傘下に収めて、プロスポーツ球団を買収して、ホテルとかも買い漁って、という展開も十分にあり得たわけで。

今後は他の取引所や別の仮想通貨関連企業がそんな感じに伸びていくのかも知れませんし、もちろん、コインチェックも今後復活する可能性もるわけで。

自分は、今の仮想通貨界隈の状況っていうのは、2000年代のドットコムバブルに似ているのかなと捉えています。ブロックチェーン技術もそうですし、仮想通貨を利用したサービスもそうですし。

ドットコムバブルの頃も、パソコンやインターネットについて社会が良く認識していなかったため、変な会社にとんでもない時価総額が付いたり、過大ともいえる投資が付いたりしていましたが、そこからグーグルやフェイスブックが生まれてきたわけです。

少なくとも、投資市場が冷え切っていると言われていた日本で、これだけのお金が仮想通貨に流れたわけですから、今後もそんな感じの起爆剤になりうる存在なのかなと思っています。